知名度を上げてきた貿易事務|求人の人気を知ろう

趣味のネイルを仕事にする

男女

東京に住んでいる方の中には趣味のネイルを仕事にしたいと言う方も多いと思います。未経験可という東京のネイリスト求人も多いので、求人サイトを使って希望の条件に合うネイリスト求人を探してみてはいかがでしょうか。

もっと知ろう

パートで働くということ

仕事

パートタイムとは、正職員よりも労働時間や勤務日数の少ない社員のことです。フルタイムで働けない人には働きやすい職種ですが、雇用条件や待遇の面で、正社員よりも優遇されない点が多かったのです。しかしパートタイムの増加によって、以前よりも待遇が改善されるようになりました。

もっと知ろう

英語が必須の職種

面接

輸出入に関する業務

英語を使う職種に貿易事務があります。これは輸出入に関わっている商社や製造業関連の会社などでは欠かせない業務です。どんなことをするのかといいますと、輸出入に関わる相手方との電話やメールでのコミュニケーションや各種書類の作成、翻訳あるいは通訳、その他にも種々雑多な業務をこなします。そして、これらは英語が標準言語ですから、最低でも英語と日本語の能力が必要となります。貿易事務の求人では、経験者が6、7割で未経験が3、4割といわれています。ただし、未経験というのは貿易事務のことを指しますので、一般的な事務や営業の経験は必要とされることがほとんどだそうです。貿易事務の仕事に有利な資格がいくつかあります。次はこのような資格についてみてみましょう。

持っていると有利な資格

貿易事務に有利な資格には、通関士や貿易実務検定、ビジネス英語検定のような業務に直接関係する資格とTOEICで高得点を得る等の英語力を証明するものがあります。通関士は国家資格のひとつで輸出入時における通関手続きや税関との折衝などが行えます。言うなれば税理士や司法書士のような資格に似ています。貿易実務検定は輸出入業務のサポートが出来ることを客観的に証明する検定です。これは日本貿易実務検定協会が行なっています。ビジネス英語検定は英語を使う職種で幅広い業務に対応できることを証明する検定です。これは商工会議所が行なっている検定です。貿易事務に就くのでしたら最低でも600点は必要だといわれています。TOEICは英語の能力を試験の得点であらわすものですから、合格や不合格はありません。

雰囲気などがわかる

履歴書

紹介予定派遣は予め派遣先企業で数か月後に正社員登用されるといった特徴を持ちます。数か月間は派遣社員として仕事に就く事になるため、会社の雰囲気を知る事が出来る、ミスマッチの転職を防ぐ事が出来るなどのメリットがあります。

もっと知ろう